文字サイズ

  • 標準

Language

フリーダイヤル0120-さんろくさん363-いちさんさん133

営業時間:午前9時~午後5時(土・日除く)

大阪府の老人ホームを探す

大阪府は、西日本の行政・経済・文化・交通の中心であり、都道府県としては、東京都、神奈川県に次いで日本第3位の人口規模を持ち、人口密度は東京都に次いで日本第2位となります。 また全域が瀬戸内海式気候に属し、年間を通して温暖であり、雨の日が多く、都心部ではヒートアイランドが顕著で、夜間の気温が下がりにくいことが挙げられます。冬季、平野部では、積雪は、全くと言って良い程無く、 数年に一回、1センチにも満たない位積もる程度で比較的過ごしやすい気候となります。 大阪府の人口は、883万6千人で、うち65歳以上の人口は2,6万7千人、高齢化率は26%となり、大阪府は全国平均(25.3%)とほぼ同様の数値となっています。 大阪府内の有料老人ホームは、747施設(介護付:249施設、住宅型:497施設、健康型:1施設)あり、定員数は、35,478となり、高齢者に対して有料老人ホームの数は、人口割合より有料老人ホームの数は、比較的少ない整備状況といえます。 また大阪府内でも、地域によって施設数の偏りがみられ、今後どのような形となっていくか注目すべき点でもあります。 大阪府では2012年に『大阪府人口減少社会白書』を制定し「日本の成長エンジンとして持続的に発展する都市・大阪」「安全で安心して暮らせる定住都市・大阪」をテーマにさまざまな改革が行われています。 「高齢者に優しい街」として全国にさきがけて超高齢社会を迎えようとしている大阪は日本のモデルケースとなるのか否か今後の動向が注目されるところです。
老人ホーム、介護施設のサービス形態として大阪府には、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホームなどがあります。

※ 大阪府HP、内閣府 高齢社会白書(概要版)、厚生労働省HP 参考

栄えた商業、美味しい食、笑い溢れる街で豊かに暮らす

食い倒れの町、天下の台所など、食に関係する異名を持つ大阪には、美味しい食が豊富です。また「笑い」に溢れ、面倒見の良い地域性であたたかく居心地がよいのも魅力の一つです。 そんな笑顔溢れる環境の中、楽しく豊かに日々を過ごすことができます。

大阪府の老人ホームマップ

大阪府の老人ホーム一覧

さかいの憩

さかいの憩
所在地

大阪府堺市東区日置荘原寺町402番地1

種別

グループホーム

料金

¥131200

電話番号

072-288-5123

この施設の詳細を見る

  • 若年性認知症
  • 介護食
  • 流動食・嚥下食
  • 糖尿病・インスリン
  • 胃ろう
  • 鼻腔・経管栄養
  • ストーマ・人工肛門
  • 在宅酸素療法
  • 褥瘡・床ずれ
  • たん吸引
  • 人工透析
  • 中心静脈栄養(IVH)
  • カテーテル・尿バルーン
  • ペースメーカー
  • 筋委縮性側索硬化症(ALS)
  • 誤嚥性肺炎
  • 喘息・気管支炎
  • 肝炎
  • 結核
  • 疥癬
  • 梅毒
  • ヒト免疫不全ウィルス感染症
  • ブドウ球菌感染症(MRSA)
  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • 前頭側頭型・ピック病
  • レビー小体型認知症
  • パーキンソン症
  • 廃用症候群・生活不活発病
  • うつ・鬱病
  • 統合失調症
  • リウマチ・関節症
  • 骨折・骨粗しょう症
  • 脳梗塞・脳卒中・クモ膜下出血
  • 心筋梗塞・心臓病・狭心症
  • がん・末期癌

大阪府の老人ホーム 介護施設の種類・特長

高級老人ホームからリーズナブルな施設までさまざまな種類があります。

大阪府ではサ高住が平成25年は252件でしたが平成28年には510件に増加しています。 いずれも全国1位を誇る戸数ではありますが、65歳以上の高齢者に対するサ高住の登録数の割合として見てみると決して突出していません。
大阪府は東京都、神奈川県についで全国第3位の人口数を抱えています。 人口の多さに比例してサ高住をはじめとした老人ホームは数多くありますが、必ずしもまだ十分ではなく現在も増加傾向にあります。
大阪府の中でも施設が数多くあるのは大阪市、豊中市、吹田市、箕面市などの北摂地区で、堺市よりも南は極端に少なくなっていて、エリアによる二極化が進んでいます。 大阪府には、多くの高級老人ホームがあり、その一方でサ高住や高齢者住宅などのスタイルの施設が急増しているのも、大阪府の特徴のひとつです。
大阪府の有料老人ホームは平成24年には228件でしたが平成26年には258件に増加しています。 富裕層向けの高級老人ホームが充実している一方で、入居時費用なし、月額利用料10万円前後という施設もあるので、予算に応じた選択をすることが可能です。
大阪府の特別養護老人ホームは平成24年には409件でしたが平成26年には453件に増加しています。 全国的に特別養護老人ホームは増加傾向にあるので、大阪府もその流れの中にあると考えられます。 それでも、間に合わず入居待ちが多いのも現状です。
大阪府のグループホームは平成24年には565件でしたが平成26年には590件になっています。 認知症の増加にともなって今後ますますニーズが高まることが予想されています。 認知症治療にはグループホームである程度自立した生活をおくることが有効という研究結果もあり、認知症患者の生活の質の向上という面からもグループホームの存在意義が重要視されています。
大阪府のケアハウスは平成24年には61件でしたが、平成26年には54件になっています。 低料金でさまざまなサービスを受けることができるケアハウスですが、介護が必要になった場合には退去しなければいけないケースもあるので注意が必要です。

大阪府の介護施設・老人ホームは、人口の多さに比例するように非常に多いものになっていますが、サービス内容、設備、費用に関しては格差が広がっているともいえます。 大阪府では2012年に『大阪府人口減少社会白書』を制定し「日本の成長エンジンとして持続的に発展する都市・大阪」「安全で安心して暮らせる定住都市・大阪」をテーマにさまざまな改革が行われています。 このようにさまざまな事業の展開、サ高住の大幅な増加など「高齢者に優しい街」として再生しようとしています。 全国にさきがけて超高齢社会を迎えようとしている大阪は日本のモデルケースとなるのか否か今後の動向が注目されるところです。