文字サイズ

  • 標準

Language

フリーダイヤル0120-さんろくさん363-いちさんさん133

営業時間:午前9時~午後5時(土・日除く)

女性の活躍促進活動

女性が活躍できる環境づくりを進めています

働き続けることが当然の男性と異なり、女性には結婚・出産や家庭のさまざまな事情などで働き方に変化がありキャリアの障壁になります。
また、女性特有の体調の変化などで人に言えない不調が起きることもあります。このような問題を改善し、どのような環境になっても女性が「自分らしく」安心して働ける環境、そして仕事と家庭を両立しながらキャリアを目指せるシステムづくりに取り組んでいます。

マタニティマークを通した妊産婦にやさしい環境づくり

マタニティマークを通した妊産婦にやさしい環境づくり

外見からはなかなか見分けがつかないため、さまざまな苦労がある妊婦さんの安全性と快適さの確保を目指し誕生した「マタニティマーク」。 フロンティアの介護では、施設や社内などにポスターやPOPを掲載するなど、より多くの方に「マタニティマーク」の大切さを知っていただけるよう取り組んでいます。

「マタニティマーク」を見かけたら思いやりのある行動を
・体調の悪そうな妊婦さんに気づいたら声をかけましょう
・電車やバスなどで妊婦さんに席を譲りましょう
・妊婦さんの近くでは喫煙をやめましょう

詳細はこちら

あいち女性の活躍促進プロジェクト

female-success02

フロンティアの介護では、「あいち女性の活躍促進行動宣言」の趣旨を踏まえ、女性が活躍できる職場をめざし、以下の取組を推進いたします。

・女性職員の活躍推進への職域の拡大に取り組みます。
・年次有給休暇の取得促進・計画付与や時間外勤務の削減等、働きやすい職場作りに取り組みます。
・育児休業の取得の制度化や取得しやすい環境整備に取り組みます。
・職場の一層の活性化を図るため、女性管理職の育成に取り組みます。
・女性職員の資格取得のための支援に積極的に取り組みます。

詳細はこちら

女性社員インタビュー

子育てをしながら正社員として活躍できるフロンティアの介護に入社して、やりがいのある毎日を送っています。

入社日:2017年7月
職種:事務職

子育てをしながら正社員として活躍できるフロンティアの介護に入社して、やりがいのある毎日を送っています。

仕事と育児の両立は想像以上に大変!
それでも私らしく仕事ができるのは充実した休暇制度のおかげです。

子供がまだ小さく何かと手がかかるので正社員での雇用は諦めていました。
それでも、しっかりと仕事がしたい思いもあり探していた時に福利厚生や働く環境が整っているフロンティアの介護に出会いました。
子供の学校行事などで休むことが多い時期もありますが、半休や振替をうまく利用することで数時間の用事に丸1日休むことなく対応することができます。
周りの仲間の理解もあり休みをとりやすい環境です。その分、仕事ができる時間は仕事に集中します。
そのため、子供がいる私でも責任のある仕事を任せてもらえるので、やりがいもあり充実感も感じられます。
また、子供のこともいつも気にかけてもらえて会社全体で育てて頂いているような心強さも感じています。
仕事と子育ての両立は大変ですが、温かい環境の中で安心して毎日楽しく仕事ができています。

ある1日のスケジュール

06:00

起床

洗たく、朝食の準備

07:00

子供を起こす、朝食、身支度

07:45

子供を見送る、片付け

08:45

出社

掃除、メールチェック、午前の業務

12:30

昼食

13:30

午後の業務

18:00

退社

19:00

夕食

子供と会話

21:00

片付け、お風呂

子供を寝かす

22:00

自分の時間(読書など)

就寝

フロンティアの介護の取り組み

「自分らしく」働ける環境づくり

「自分らしく」働ける
環境づくり

能力を最大限発揮できるような資格取得支援バックアップ体制の強化

能力を最大限発揮できるような資格取得支援
バックアップ体制の強化

社員のやる気や意識の向上を図る給与体制

社員のやる気や
意識の向上を図る給与体制

フロンティアの介護の制度

資格取得

資格取得

介護職員として取得しておきたい資格はもちろん、自身のスキルアップのために取得したい資格の支援など社員が成長できる環境が整っています。また、定期的に開催される各種研修制度も充実しています。

有給休暇

有給休暇

いい仕事をするには、心も身体もリフレッシュが必要。
フロンティアでは、「しっかりお仕事して思いっきり遊ぶ」メリハリのある環境づくりに心がけています。

育児休暇

育児休暇

負担やストレスを感じることなく育児に専念してもらうため、育児休暇を充実させています。また、休暇前と変わりない状態でいつでも復帰できるよう迎え入れる環境づくりに努めています。

「選んでよかった」と全社員に感じてもらうために更なる環境づくりを進めて行きます。