フリーダイヤル0120-さんろくさん363-いちさんさん133

営業時間:午前9時~午後5時(土・日除く)

虐待防止

虐待を防止するためにさまざまな取り組みをしています

フロンティアの介護では、客観的なチェック体制、通報者のプライバシーを保護した通報窓口など、虐待を防止するためのシステムを構築しています。

01.虐待を防止するために、内部監査室を設置

内部監査室を設置し、介護現場に対して客観的なチェック体制を整えています。閉じた環境では気づきにくいこともある虐待の芽を摘み、虐待を起こさないシステム作りの一端を担っています。

02.コンプライアンス推進委員を各施設に配置

各施設には、教育を受けたスタッフがコンプライアンス推進委員として配置され、情報提供はもちろん、報告された事案の調査などを行っています。コンプライアンスの意識の高いスタッフがいることで、虐待へつながる要素を未然に防ぐ効果も期待できます。また、医療・介護・法律など各方面の有識者で構成されたコンプライアンス委員会を設置しており、異常事態があれば内部監査室と共に直ちに召集され、対応を決定します。

03.通報窓口ホットラインを用意

もしもの時に早期発見・解決をはかるため、また、未然に防止するために、各施設には業務管理責任者とコンプライアンス委員会へのホットラインが設けられています。通報者の秘密は厳守しており、虐待やその恐れがある行為に気付いたとき、気付いた人が気兼ねなく通報できるシステムです。

コンプライアンス委員会フローチャート