文字サイズ

  • 標準

Language

フリーダイヤル0120-さんろくさん363-いちさんさん133

営業時間:午前9時~午後5時(土・日除く)

介護のプロがお答え 介護のお悩み解決コラム

みなさまの介護に関するお悩みを介護のプロが解決します

リハビリテーションは大切

リハビリをテーマに取り上げてきた今回のシリーズ。これまでは私たち「フロンティアの介護」の特徴的な取り組みについて紹介してきましたが、4回目となる今回は、具体的に行っているリハビリの内容やその効果についてお伝えしていきたいと思います。

リハビリテーションは大切

介護に関するみなさんの悩みや関心事について、1つひとつテーマを掘り下げてお伝えしているこのブログ。今回のシリーズでは、リハビリについて考えていきます。前回は理学療法士についてスポットを当てましたが、今回は私たち独自の取り組みであるFTについてご紹介したいと思います。

リハビリテーションは大切

5回シリーズでひとつのテーマを深く掘り下げていくこのブログ。今回のシリーズでは、リハビリについて考えています。前回は私たち「フロンティアの介護」がリハビリに力を入れていることを紹介しました。2回目となる今回は、リハビリを進めていくうえで欠かせない存在である理学療法士にスポットを当てたいと思います。いったい、どんな役割を果たしてくれているのでしょうか。

リハビリテーションは大切

「リハビリ」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを抱きますか? 「痛いことをする」とか「辛いのを我慢しなくちゃならない」などと思っている人もいるかもしれません。そもそもリハビリとは、老化や病気、ケガなどで低下した身体の機能を少しでも回復させ、豊かな生活を送るために行うものなのです。そう聞くとリハビリに対するイメージも変わるのでは。今回は5回にわたってリハビリについて考えてみます。

AdobeStock_214313108

5回シリーズでお伝えしてきた「若年性認知症について考える」もいよいよ今回で最終回。最後にお伝えしたいのは、読者の皆さんに若年性認知症という病気に対する理解をもっと深めてほしいということ。世間一般の理解度は決して高くはないからです。この機会に、若年性認知症にかかって苦しんでいる患者様との向き合い方を考えてみませんか。

AdobeStock_112218521

5回シリーズで、若年性認知症について、さまざまな角度から考察を続けてきた
このブログ。今日は4回目といよいよ佳境に入ってきました。前回は、若年性
認知症の患者様が自宅でケアする時に考えられる危険について具体的な例を挙
げてご紹介しました。今回はフロンティアの介護の施設に入居された方に対
してどのようなケアを行っているのかを紹介します。

AdobeStock_264353260

認知症は高齢者がかかる病気だと思っていませんか? 実は働き盛りと言われる40代や50代の方がかかるケースも少なくないのです。このブログでは、毎回テーマを決めて5回シリーズで皆さんのお悩み事例を紹介していますが、今回は認知症の中でも65歳未満の方がかかる若年性認知症に絞ってお伝えしています。3回目の今回は若年性認知症患者様の自宅でのケアの問題点について考えてみましょう。

AdobeStock_98933566

今回取り上げているテーマは若年性認知症。生活習慣病が引き起こすケースが多いために、「人ごとではない」と思っている読者も、少なくないのでは。10年前の患者数が3万7800人だったということは、今はもっと増えているのではないでしょうか。今回は実際に見られる症状はどんなものなのかをはじめ、若年性認知症の基礎知識を身に付けていきましょう。特に若い人は今のうちに、しっかり病気のことを理解しておくとよさそうです。

AdobeStock_241431740

これまでは介護保険やケアマネージャーなど、介護にまつわる制度的なお話を
してきましたが、今回はひとつの病気を取り上げたいと思います。その病気と
は、認知症。中でも、65歳未満と若くして発症した「若年性認知症」について
考えていきます。私たちは、若年性認知症患者様のケアにも積極的に取り組ん
でいますが、それはなぜでしょう。その経緯からお話していこうかと思います。

02

介護においてなくてはならない存在であるケアマネージャー(ケアマネ)について、さまざまな角度から紹介してきたシリーズも今回がいよいよ最終回。フロンティアの介護が誇る先輩ケアマネさんに、私サチが直撃インタビューをしてきた様子をまとめています。
普段どんな気持ちでケアマネという仕事をしているのか、また、そのやりがいは…。これからケアマネを目指すという方にはぜひ読んでほしいという話をたくさん聞くことができました。