さまざまな防犯対策で「安心の生活」を守ります。

老人ホームや介護・養護施設などの福祉施設では一般的に施設への出入りが自由で、家族などに成り済まして容易に施設内を行き来できてしまいます。 また、不自然なく犯行前の下見が出来てしまうため、短時間でもその被害は予想以上に大きくなる傾向にあります。
特に夜間では人手の問題もあり事務所などには誰もいない状況になることが多い為、犯罪が容易にできる環境、人命が危機にさらされる本当に危険な環境になるという認識がとても大切です。 被害に遭ってからでは手遅れです。

「フロンティアの介護」では、未然に被害を防ぐべく、防犯意識を高め、日々万全の対策に努めております。

「フロンティアの介護」の防犯対策

動画

「フロンティアの介護」では、安心・安全の暮らしを守るため、さまざまな防犯対策に取り組んでおります。 その一つとして地域警察官の指導のもと運営推進会議のメンバーと近隣住民の皆様に参加して頂き、定期的に防犯訓練を行っております。

写真
写真

厳重な防犯対策に努めてても油断大敵!
「もしも」の時に自分たちで自分たちを守るため、催涙スプレーやさすまたを常備し、定期的に模擬訓練を行っております。

施錠の管理

ダブルロックやオートロックで厳重な施錠を行います。
戸締りの確認は、時間を決めチェックシートの記入をルーティン化することにより忘れや漏れを防ぎます。
ガラス破り対策としてガラスに貼るシートを設置し窓の強化を図ります。

さまざまな防犯アイテム

「催涙スプレー」「さすまた」などの防犯アイテムを常備することで、「もしも」の時に備えます。
また、常備しているだけではなく「もしも」の時に対応できるよう、定期的にスタッフの模擬訓練を行っております。

夜間や休日の対策

設置場所に応じてさまざまな機能を発揮する防犯カメラ(監視カメラ)防犯ライトなどで「目」をつくり、二重、三重にガードします。
徘徊や突然の異常行動を検知するシステムや緊急通報システムなどの安全対策をします。
丈夫な建物構造で高度なセキュリティ対策をします。
さまざまな防犯対策をすることで安心して笑顔で快適に過ごせる環境を守ります
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • サイトマップ

ページの先頭へ